沿革

TOP > 企業情報 > 沿革
昭和27年3月 東京都品川区双葉町に資本金100万円で創立
電球のフロスト加工を開始
昭和37年12月 コタツ用赤外線球のフロスト加工を開始
硬質ガラスのフロスト加工を開始
昭和46年9月 東京都大田区北馬込に第二工場を新設 (現在は閉鎖)
昭和51年5月 酒ビンのフロスト加工を開始
昭和52年4月 東京都品川区双葉町から東京都大田区京浜島に移転
昭和54年5月 ブラウン管のフロスト加工を開始
昭和58年7月 松田工業株式会社を買収し、子会社化
平成2年5月 液晶パネルの薄型加工を開始
東京都大田区京浜島に事務所を建設
平成7年10月 液晶パネルの薄型加工ラインを増設
平成8年8月 資本金を4,800万円に増資
子会社の松田工業株式会社と合併
社名を『三和フロスト工業株式会社』に変更
平成16年1月 ISO9001認定取得
平成17年2月 ISO14001認定取得
平成19年7月 東京都大田区京浜島の事務所を建て替え
平成24年8月 車載モニタ用カバーガラスのAG加工を開始
平成28年6月 730㎜×920㎜サイズのAG加工を開始